2014年02月27日

調布版恋チュン

おはこんばんちわ、林あやです。

私がパーソナリティをつとめておりますラジオ番組、
調布FM「ラジオボンバー」でございますが、
スタッフ一同で恋するフォーチュンクッキーの調布版に出ましたのよ。
どうやらそれが完成した模様!

こちらからどうぞ。40秒から登場しています。

調布版恋するフォーチュンクッキー公式サイト
http://kyuukou.jpn.org/koi/

私、アシスタントのじょにこさん、
そして死ぬしゃべの森下くん&くぼかんの4人で踊っています。

このお話に声をかけて頂いたとき、
月1レギュラーの関村さんも誘ったんだけど
「ハロプロに申し訳ないから断る!」と誠に気持ちのいい断られ方をしました。

お時間ありましたらどうぞー。
posted by 林あや at 11:50| 仕事

2014年02月15日

遅ればせながら、トークライブご来場ありがとうございました

大雪!もういやー!!
考えてみたら、トークライブの日も雪降ったな。

2月4日。
初めてのラジオボンバー番外イベント、
トークライブ「夜のラジオボンバー」無事開催を終えることができました。
ありがとうございましたー!

夕方雪が降ったにもかかわらず大盛況超満員。
自分たちでもどれくらいのお客様が来てくださるものか、
まったく予想できなかったため本当にうれしかったです。

ボンバーズのうっちっちさんが実況ツイートをまとめてくださったので、
気になる方はどうぞ。
http://togetter.com/li/625722


開場前。貫ちゃんガチガチ。せっきー余裕。
森下くんさわやか。
集合.jpg

第1部はこんなかんじで。
私が危険なモノマネをしたり、毒を吐いたり、
死ぬしゃべの2人(主にクボカン)がドン引きLOVEメールを披露したり、
せっきーがスマイレージを検索するよう強要したり。
集合1部.jpg

休憩挟んで第2部は、
先生と生徒というコンセプトだったのよ。
ボンバーズからの要望につきコスプレしました。
せっきー司会のもと、
お客様からのアンケートにお答えしましたの。
集合2部.jpg

JK3人。私含め、みんなキツイ・・・。
JK3人.jpg

女子力高すぎるぞ森下くん。
JK.jpg

打ち上げではお客様と一緒に盛り上がりました。
ボンバーズが輪になって酒を酌み交わす日が来るとは!
皆様帰り際に「じゃ、次はTLで!」と帰っていく姿がステキ過ぎました。

平日夜の開催だったため、
地方のボンバーズや仕事で行けない!という方々もいらしたので
次回はその辺りも考慮して開催したいなと。

ボンバーズや小屋主さんからも次回開催を!との声を頂戴したので、
第2回、やります!
そのうちね。

※実況ツイートの写真を拝借いたしました。
 たくさんの実況、ありがとうございました!
posted by 林あや at 22:23| 仕事

2014年02月04日

2月4日は「トークライブ☆夜のラジオボンバー」

再度お知らせ。


『トークライブ☆夜のラジオボンバー』

出演◇林あや、森下亮、久保貫太郎、関村俊介
日時◇2014年2月4日(火)19:30〜(OPEN 18:30)
場所◇新宿ネイキッドロフト
料金◇2,000円(前売・当日共)
予約◇新宿ネイキッドロフト・店頭電話&ウェブ予約にて
      電話→03-3205-1556(16:30〜24:00)
      Web→コチラから
詳細◇ココからどうぞ



コーナーレギュラーの森下くん、貫ちゃん、
月1レギュラーのせっきー、
そしてワタクシの4人で、ラジオでは話せないゲスなトークをやる予定。

ちょいちょい打ち合わせもし、
やる内容も決まったような決まってないような・・・。
ラジオボンバーのボンバーズたちが楽しめるように、
番組コーナーの番外編などもやるようなやらないような・・・。

と、まだまだ面白いものにするために内容をつめています。
飲食しながら見ることができますので、
ご興味ありましたら是非!
もちろん、私たちも飲みながらやりますよ。
posted by 林あや at 00:00| 仕事

2014年02月03日

トークライブは明日だってのに、改。

ども。

ここ数日の、iPhoneカメラロールがひどい。
ひどすぎる。

私は一体何をやっているんでしょうか。

いい大人なのに。

蔵馬の写真とか(流し目最高)
リヴァイとか(抱かれてもいい)
サイリウムのバルログ持ちとか(もはや芸術)
クェス・パラヤとか(マジ嫌い)
ときレスのキャプとか(エロゲではない)

こんなダメなアラフォーたちが集うトークライブ、
いよいよ明日となりました。
雪との予報でビクビクしておりますが
もしよろしければお運びください。
あ、皆様の安否に差し障りのない範囲で。
当日飛び込みでも大歓迎よ。

(他の出演者の名誉のために言っておくが、私以外はこっち系のダメ大人ではありません。が、違う意味でダメな大人であることに変わりはありません)

『トークライブ☆夜のラジオボンバー』

【日時】
OPEN/18:30  START/19:30

【場所】
新宿ネイキッドロフト
(西武新宿駅北口1分 / JR新宿東口10分)

【出演】
林あや、森下亮、久保貫太郎、関村俊介

【料金】
前売、当日ともに2,000円

【ご予約】
新宿ネイキッドロフトまで!
店頭電話&ウェブ予約にて

詳細はこちら!


image.png


posted by 林あや at 19:54| 仕事

2014年01月14日

飲食店で料理の写真を撮ることについていろいろ考えた

あけまして。
林あやです。

キレイな盛り付けや美味しそうな料理の写真、結構撮っていました。
お皿が素敵だったり、
彩りがキレイだったり、
理由はいろいろですけども、
記念に残したいし、TwitterやFacebookにのせよー、キャハ☆
なんて思いながら、
飲食店でパシャパシャやっていました。

先日、ドレスコードはないけれど、
雰囲気のよい、普段外食するときの5倍くらいのお札が消えていくようなお店に行く機会がありました。

もちろん、料理もサービスも素晴らしく、とても幸せな時間を過ごしました。

不思議なことに、
料理の写真は一切撮る気になりませんでした。
周囲を見ても、写真を撮っている人は誰一人いません。
とても失礼ですが、
絶対普段パシャパシャやるだろお前ら!
というような若いカップルも、
携帯を取り出すことがありませんでした。
(そこまでガン見してないので自信はないけど…)

なぜ、私が写真を撮る気にならなかったかというと、
写真を撮ることすら忘れてしまうほどその空間のおもてなしに充実していたということもありますが、
心の何処かで「こういうお店で写真を撮ることは失礼」という意識があったからです。
こういうお店ではマナーを守らなくてはね、と。

ここで、ふと、私自身は「飲食店で写真を撮ることはマナー違反だ」
と認識していたことに気づきました。

と同時に、今までは「この店なら撮っても大丈夫だろう」と思ってパシャパシャしていたということにも。

料理の写真を撮ることが本当にマナー違反なのかはわかりません。
人やお店によって様々な見解があるでしょう。
私もSNSで美味しそうな料理の写真を見るのは好きだし、
それを参考にお店に足を運んだりもするし、
自分で作ったりもするし。

「ラーメン食べに来た」という投稿だけよりも、
ラーメンの写真があった方がピースが埋まる感じがするし、
何より写真付きの投稿の方が
「うわー、おいしそー!」と思うもの。

だから、写真撮影がいいことか悪いことかということではなく、
自分の中で「勝手にお店の格付けをし、店によって差をつけていた」ということに、
なんていうか、自分の傲慢さを感じてしまった次第。

随分と高慢ちきな女になってしまったぜ。
庶民のくせにな!

2014年は反省の年になりそうです。
posted by 林あや at 14:18| 日記